本文へジャンプ

後藤精工について −会社概要

プロフィール

プレス加工の後藤精工株式会社
社名 後藤精工株式会社<GOTOS>
(英文表記:Goto Precision Engineering)
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役社長 後藤 秀隆
代表取締役専務 後藤 博之
従業員数 129名 (パート含む)
売上規模 40億円 (グループ計)
設立 1962年12月
所在地 <本社>
埼玉県さいたま市中央区上峰3-11-1
tel:048-853-3097(代)
敷地面積2,850m² 工場敷地1,775m²
プレスライン、金型設計製造、アニールライン、工程出荷検査、表面処理(電解Niメッキ、無電解Niメッキ、 黒色Niメッキ、化学研磨工程、バレル設備 及びそれに付随する排水処理設備)
<福島プロダクトセンター>
福島県岩瀬郡鏡石町大宮360
tel:0248-62-6651(代)
敷地面積22,210m²、工場敷地2,027m²
プレスライン、金型部品製造設備、バレル設備、工程検査

工場敷地 1,600m²
プレスライン、バレル設備、工程検査
<Goto Precision Engineering(Malaysia) Sdn.Bhd.>
No.7,Jalan IMJ 4, Taman Industri Malim Jaya, 75250 Melaka, Malaysia
電話:+60-6-336-2300
事業概要 半導体ハウジングプレス部品/半導体レーザーステム
水晶振動子ステム/自動車センサー部品
自動車関連部品/携帯電話部品/他超精密プレス部品

ページトップヘ

沿革

プレス加工の後藤精工株式会社
1952年 後藤繁太郎、旧浦和市にて創業
1962年 現在地に工場を新設し、株式会社に組織変更
資本金100万円
1983年 後藤愼一、社長就任
1984年 資本金3,000万円に増資
1987年 福島県鏡石町に7,000坪の工場用地を買収
1988年 福島プロダクトセンター操業開始
1995年 資本金5,000万円に増資
1996年 福島プロダクトセンター倍の広さへ増床
1999年 本社福島間テレビ会議システム構築
2000年 ISO9002取得
2001年 本社工場内に金型工場を増設
2004年 中国上海事務所開設
ISO14000取得
ISO9001アップグレード
2005年 SONY殿グリーンパートナー認定
本社工場内にバレル工場増設
2007年 現社長後藤秀隆 社長就任
2008年 さいたま市テクニカルブランド 認証
2010年 「彩の国指定工場」認定
2012年
2015年 Goto Precision Engineering(Malaysia) Sdn.Bhd. 操業開始
がんばる中小企業・小規模事業者300社 選定
第49回グッドカンパニー大賞「優秀企業賞」受賞

ページトップヘ

取引先

アルプス電気株式会社/NSKニードルベアリング株式会社/オリンパス株式会社/
華声電子有限公司/キヤノン電子株式会社/京セラ株式会社/京セラクリスタルデバイス株式会社
上海京セラ電子有限公司/KYOCERA vietnam Co.,Ltd./KYOCERA America .Inc./新光電気工業株式会社
SCHOTT Group/SONY株式会社/株式会社大真空/台晶(寧波)電子有限公司/株式会社ナカニシ
日本電波工業株式会社/ハイジェントテクノロジー株式会社/函館エヌ・デー・ケー株式会社
パナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社/
パナソニック デバイスディスクリートセミコンダクター蘇州有限公司
パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアル システムズ社
その他多数
※五十音順 (敬称略)

ページトップヘ

取引銀行

埼玉縣信用金庫 浦和支店
日本政策金融公庫
みずほ銀行 浦和支店
三菱東京UFJ銀行 大宮支社
武蔵野銀行 与野支店
※五十音順

ページトップヘ